« ベストセラーはこうやって生む ③ 新報奨金制度 | トップページ | ご用聞きでは生き残れない »

2006年3月31日 (金)

コンビニと外食店の融合

東京・神田神保町に『ナチュラルローソン西神田三丁目店』が2月にオープンしました。この店舗は、コンビニと外食店の融合を目標に、“ローソン”が異業種と手を組んで作った実験店です。

10種類のメニューが揃った30席のイートイン飲食場は、外食チェーンの“ナチュラルビート”が調理場を運営します。“ローソン”の狙いは外食店の持つ店舗調理ノウハウを導入し、コンビニ食品のイメージ一新することにあります。

しかし、現場オペレーションの未熟さ、人の出入りの多さによる慌ただしさ等の理由から、“興味は持ってくれるが、利用に至らない”お客さんの割合が高いのが現状です。

このように課題は多い融合店舗ですが、大手コンビニがまだ本格的に取り組んでいないことから、軌道に乗せればその成長の“伸びしろ“は大きいと言えます。

そのためにも、オペレーションや店舗設備を改善して、大学生が街に戻ってくる4月までに利用者をどこまで増やせるか?がポイントになってきます。

(参考資料:2006320日 日経MJ)

|

« ベストセラーはこうやって生む ③ 新報奨金制度 | トップページ | ご用聞きでは生き残れない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コンビニと外食店の融合:

« ベストセラーはこうやって生む ③ 新報奨金制度 | トップページ | ご用聞きでは生き残れない »