« 消費の二極化薄らぐ④ レトルトカレー | トップページ | 犯人は“EVA” »

2007年2月23日 (金)

食品スーパーとコンビニの融合

『三軒茶屋とうきゅう』は、200610月の改装に際して、広い売場(2400㎡)にあえて狭い場所を作り、買い回りしやすいように工夫しました。そして、「あたかも食品スーパーの一角にコンビニが入った」ようなイメージ作りに成功し、改装前に比べて10%も売上を伸ばしました。

中央のエスカレーターのため、売場に一体感のないハンデを逆手に取り、エスカレーターを境に分断されていた売場を作り、2つの店が入居しているような雰囲気を作り出しました。狭いスペース(280㎡)には帰ってすぐに食べられるものを並べ、入口近くにはレジも置きました。そして、広い売場(2000㎡)を歩き回らなくて済み、スムーズに買い物ができるようにしたのです。

結果として、コンビニに流れていた買い物客を取り戻しました(入口付近の売場は2030%の売上増)

また、品揃えの工夫としては、会社帰りの買い物客を惹き付けるために、総菜はカキフライやコロッケなど買い上げ頻度の高い賞品を9時まで店内調理したり、500mlペットボトル飲料を80種類としたり(改装前は40種類)、若い女性のニーズに応えることで、午後811時までの来店客を増やすことに成功しました。

(参考資料:200725 日経MJ)

|

« 消費の二極化薄らぐ④ レトルトカレー | トップページ | 犯人は“EVA” »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 食品スーパーとコンビニの融合:

« 消費の二極化薄らぐ④ レトルトカレー | トップページ | 犯人は“EVA” »