« 保存データの規格 | トップページ | フィットが首位奪還 »

2011年2月10日 (木)

高級ブランド 底入れの兆し

欧米高級ブランドの日本事業に底入れの兆しが出ています。

最大手のLVMHの減収幅が縮小したほか、減収に転じる企業も増えた。株価持ち直しで富裕層の購買意欲が戻っている他、各社の顧客層を広げる戦略が奏功したようです。ただ、リーマンショック前の水準には戻っておらず、今後はブランド離れが囁かれる若者層をいかに獲得するかがポイントになりそうです。

( 参考資料:日本経済新聞 201125日 )

|

« 保存データの規格 | トップページ | フィットが首位奪還 »

コメント

ルイヴィトンとかの高級ブランドって、今のままでも十分儲かっていうrと思うからいいと思うけど。。

投稿: ブランド | 2011年3月17日 (木) 15時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98524/50782754

この記事へのトラックバック一覧です: 高級ブランド 底入れの兆し:

« 保存データの規格 | トップページ | フィットが首位奪還 »