« 10年手帳 | トップページ | 駅弁大会の魔力 »

2012年3月11日 (日)

伊集院静氏の言葉

そう、北の地では毎朝、毎夕、どこかで祈りを捧げている人がいる。

そうして三千余人のまだ帰らぬ人たちを待つ人が、同じように祈っている。

その上、町を去らねばならぬ人がいて、見送る人がいる。どちらも泣きながら多随のしあわせを祈っている。

復興だ。一年が経つと、テレビ、新聞、雑誌は言うけれど、この祈り続けている人たちのことをもう少しわかって欲しい。同情が欲しいんでは決してない。この震災がまだ続いていることをあなたたちにもわかっておいて欲しいのだ、

( 参考資料:産経新聞 20123 11日 )

|

« 10年手帳 | トップページ | 駅弁大会の魔力 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98524/54624720

この記事へのトラックバック一覧です: 伊集院静氏の言葉:

« 10年手帳 | トップページ | 駅弁大会の魔力 »