« 首都圏経済 回復進む | トップページ | 客層分析やめます ① »

2017年10月27日 (金)

ホテル客室単価伸び鈍る

ホテルの客室単価の伸びが鈍っています。2017年7月~9月は大阪地区の平均単価が5四半期連続で下落したほか、東京地区でも安くなった。需要は訪日外国人の増加で伸びる一方、ホテルの客室数も増え、宿泊客の獲得競争が厳しくなっています。当面は単価が上がりにくい傾向が続きそうです。

|

« 首都圏経済 回復進む | トップページ | 客層分析やめます ① »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98524/65977144

この記事へのトラックバック一覧です: ホテル客室単価伸び鈍る:

« 首都圏経済 回復進む | トップページ | 客層分析やめます ① »